中央線物産館店主ブログ
by c-bussan
<   2009年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧
ソニア・ローザ

今日のBGMはソニア・ローザ


アストラッド・ジルベルトのバージョンが有名だけど、


こちらも素晴らしい出来


The Shadow Of Your Smile





Fly Me To The Moon


[PR]
by c-bussan | 2009-06-27 15:14 | 今日の日記
だいだい色の箱

先日、小説を出された作家さんに来ていただいて


著作を置かせていただくことになり、


わざわざ5冊ほどお持ちいただきました


曠野すぐり氏「だいだい色の箱」です


読ませていただきましたが、とてもなんというか、


日常の気がつかないような、静かなドラマが


繰り広げられている小説で、目から鱗が落ちました



こけおどし的な背景づくりや劇的さばかり追ったような


映画や小説が世の中には多くて、


きちんと「人」を描かなければいけないんだなあ、


と、なんだか偉そうな言い方ですが、


そんなことを思いましたです


気になる方は店にありますので、


見てみてください
[PR]
by c-bussan | 2009-06-25 14:41 | 今日の日記
海辺の光景


どうも夏至のようです


知らない間に夏になっているようです


安岡章太郎の「海辺の光景」(※「うみべ」


じゃなくて「かいへん」ね)と、


つげの「海辺の叙景」と、


タンバトリオの70年代初期のレコードは


こういう、夏でもない、汗が出ない季節に


ぴったりじゃないでしょうか



安岡章太郎は日本の戦後の小説家の中


では暗さがなくて、わりと好きな作家です


題材は暗いですが、語り口をよくよく注意して


みていくと、全然違う場所にいることが分かる


作家です



初期の「ガラスの靴」とかかなりの名作です


驚くことに、この人まだ生きているんだね



「海辺の光景」は日本的な私小説的な部分


を劇的なドラマづくりで超えていこうと


するようなところがあって、かなり重要な作


品だと思いますね



「猿の惑星」のラストシーンを超えるかもしれ


ない、静かで深い衝撃の結末に、どこかに


放り出されるような、そんな感じさえします


映画「ピンクフラミンゴ」の衝撃のラストシーン


(笑)とは別の種類の感動があるね




私の田舎が紀伊半島で、小説の舞台が四国


高知で、気候風土が似ていることもあって、


より親しみを感じます



つげの「海辺の叙景」はこの作家が生涯最高


の創作意欲のある時期に書かれた物で、


「ガラスの靴」に共通するような、


健やかな叙情のようなものがあります



ただ、この作品もその有名なラストシーンで、


つげ独特の虚無的な感じというか、


大雨の漆黒の海の中に突き落とされる悪夢


のような、やはり、どこか別の世界の入り口を


少しだけ見せてくれようなところがありますね



安岡の「海辺~」とは全然別の話だけど、


ラストシーンの静かな衝撃、という意味では


自分の中ではなんとなく繋がったイメージが


あります



夏前の海の暗さ、というものは怪談ネタにも


なるわけで、何かある気がしますね
[PR]
by c-bussan | 2009-06-20 15:56 | 今日の日記
本の出版

知り合いの制作会社社長とこの間メシを


食ったんですが、


この方は某業界に関するネタを記事にして


ブログを書いていて、それがものすごいア


クセス数があるようで、


ブログの記事で、本を出したいので出版して


くれる出版社は声をかけて下さい、先着順です


などと告知したら、さっそく2社からアプローチ


があって、いきなり2冊本を書いてしまうようなこ


とになってしまったようです



なんだか、面白いというか、なんというか、


気分のいい話です



ま、なにごとの一途に一生懸命やってると面白い


展開がどんどんやってくる、ということなんでしょう



私も前から行ってますが、もっと突っ込んだネタ系


のブログをやってみようかな~、


と思いましたです



印税というシステム、商品企画ロイヤルティ、不動産


投資というのがやっぱり仕事をしていく上で、頭の中


に入れておかなくてはいけないようなもののような気


がします
[PR]
by c-bussan | 2009-06-19 14:18 | 今日の日記
ルイス・エサ

昨日はなんだかすごい雨でしたが。。


朝からはいい天気です


ここのところ暑くないのがいいですね



ルイス・エサの80年代(?)の演奏


「ドルフィン」という曲はブラジル音楽だけでなく、


広く世界でスタンダードになっています


前にも言ったけど、80年代のエグベルト・ジスモンチ


のレーベルに残されたこの人のレコードはどれも


独特の緊張感があっていいです



[PR]
by c-bussan | 2009-06-17 15:42 | 今日の日記
都会

今晩の選曲


この曲は高校の時に頭がおかしくなるくらい聴いた


記憶があります


大貫妙子「都会」


[PR]
by c-bussan | 2009-06-12 23:50 | 今日の日記
中央線に関する小説

先日、中央線に関連した小説を出された文筆家


(作家)の方に店に来ていただきました


その日は、用事があったので早めに店を閉めようと


していたので、暗い店内で失礼しました



出版された本を店でも取り扱わせていただくことに


なったので、店に届き次第、改めて紹介させていた


だきます



しかし、なんだかんだで、結局「美代子阿佐ヶ谷気分」


観に行ってないんだよね



村上春樹新作も読んでないし(今日、丸ノ内線に乗って


たら前の座席の妊婦さんが読んでました、ほんとうに


売れてるんだね)



こういうのって、例えは悪いけど、テレビや娯楽のない


大昔の純文学作家のようなのに近いんだろう


新作を待ってる人がたくさんいる、という
[PR]
by c-bussan | 2009-06-12 23:42 | 今日の日記
音楽のイノセントさ

音楽というもの

なぜか涙が出てくるような気がします



[PR]
by c-bussan | 2009-06-08 14:30 | 今日の日記
ジャズ好き

事務所に来ていただく方に、ジャズが好きなんですね、



とよく聞かれることがあって、その時はジャズ系の音楽が



流れているのと、話題としては比較的無難だからだと思う



のですが、なんか違和感あるんですよね



そういう風に言われると




これはなんなのかね



「ジャズ好き」というのは微妙な表現で、ロックがガンガン



流れている店の人に、「ロック好きなんですね」って



言わないよね



あるいは、ニノ&エイプリルとハーパーズ・ビザールのレ



コードばかりかかってる店の人に「ポップ好きなんですね」



なんて普通言うか?




なんだか、完全に偏屈モードに入ってますが、



自分がジャズ好きかどうかなんて意識することないし



別にロックも好きだし、ジャズも好きだし、ポップも好きだし



南米音楽好きだし、カリブ音楽好きだし、



「音」であれば、基本なんでも好きなんですね




「ジャズ好き」というのは、他のジャンルのものを排除する



という記号になってるんだろうね、どうも



わしはジャズ以外聴かんけんね!



みたいな、全く自慢になってないようなこと言うような



イメージといいますか




権威主義的なものが嫌いだ、政治家は庶民の生



活をまず考えるべきだ、などと言うような人に



わりと、「ジャズ好き」が多いような、そんな気が



するんです、個人的に(完全な偏見ですが)



政治は庶民にも、庶民じゃない人にも、両方という



か、後先なくやってもらいたいもんです




権威嫌いなくせに、極めて権威主義的というか、



ジャズ・ジャーナリズムも含めてそんなところが



ちょっと、かなり、違和感を感じてしまう部分です




まあ、世の中、似たような話は多いです
[PR]
by c-bussan | 2009-06-07 17:30 | 今日の日記
ポンヌフの恋人

関係ないけど、オードリー若林は映画「ポンヌフの恋人」


が好みらしい



滅多やたらメンドーな映画が好きなんだね


お笑いとしてこの映画をみているなら、相当偏屈だと


思う



ポンヌフの恋人


[PR]
by c-bussan | 2009-06-04 18:43 | 今日の日記


カテゴリ
リンクほか
メールはこちら
東京都杉並区阿佐谷南1-14-2石井ビル2F
杉並区役所隣り
TEL ・FAX03-3311-6658
営業時間: 午前11:30~午後8:00 定休日: 毎週火曜日

広告プランニング・集客コンサルティングの仕事もやっております。というか、こっちが本職だったりもします
上記メール・電話番号宛お気軽にお問い合わせ下さい(下古谷浩・広告事務所)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
広告・集客・コンセプトづくり・マスコミ対応、既得顧客活性化等を理にかなった「しくみ」としてご提案します
集客・広告しくみづくりドットコム
集客しくみづくり日記
業種は流通・物販から各種サービス業、教育、文化関連、住宅・不動産、各種製造業まで多種多様に渡っております
起業をお考えの方、ショップ立ち上げ予定の方への各種コンサルも行っております

ブログポータルサイト
デザインblog ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

マスコミ掲載ほか
日経流通新聞(07.1.24号)
散歩の達人(07.2月号)
週刊現代(07.2.10発売号)
東京生活(07.3月号)
アントレ(07.6月号)
毎日新聞(08.9月3日朝刊)
日経新聞(08年9月27日朝刊)
吉祥寺経済新聞
AllAbout雑貨
J-WAVE GOOD・MORNING・TOKYO
J-WAVE TIME FOR BRUNCH
WOMAN CHINTAI
毎日JP東京地域ニュース
すぎなみ学倶楽部

ブログ文中の人たち
WELCOME TO ATYPYK
Qubus design
Mika & Heni
スエイアキラ・ドット・コム
nanaco sato web site
寺田十三夫 web site
山本のりこBossa Nova
土岐麻子オフィシャルHP
shaggs.com
渋さ知らズ
QUSUMI'S homepage
ゲッツ板谷web
鳥頭の城
吾妻ひでお公式HP
ROCK’N’ROLLNEWS
みうらじゅん&安斎肇の勝手に観光協会
オーケン企画
SPARTA LOCALS
Dreamland
YAACOV AGAM
Chillichilly
常盤響
マニュアル・オブ・エラーズ
TOTAN GALLERY
details - produkte+ideen
Rezon- ONOFF
Jan Švankmajer
KRZYSZTOF KOMEDA
Keiichi Nanba
おすそわけ
有限会社アパートメント
mimi FUNKY SITE
fynboslab.
freedesign.com
cymbals
55visio
クルンパーズ
Ambrick Music College
曠野すぐり BLOG 「退屈なはなし」





















以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧